頭皮のフケかゆみ原因と簡単な保湿乾燥対策

MENU

頭皮の乾燥防ぐ簡単な対策方法

頭皮が乾燥するとかゆみのもとになりますので、ついついかゆくなって、頭皮を刺激してしまいがちです。頭皮をひっかいてしまいますと、フケのもとになりますし、皮膚の炎症がさらに悪化してしまいますので、なかなか治らないことがあります。ここでは、頭皮の乾燥肌をどの様にすればよいのかという対処法について、まとめてみました。

 

?シャンプーによる悪化
シャンプーは頭皮の脂分を洗い流すための成分が含まれていますので、洗浄力の強いシャンプーは、皮膚にダメージを与えたり、毛髪のみならず、皮膚の脂分を取り除いてしまうため、乾燥肌になりがちです。頭皮の保湿成分まであり流してしまう可能性があるため、天然成分を多く含むような、比較的マイルドなものに変更してみることがおすすめです。

 

A頭皮の洗いかた
頭皮が乾燥する人の多くが、シャンプーを使いすぎの傾向がありますし、爪を立ててごしごしとひっかいてしまうことは良くありません。頭皮の角質が破壊されてしまい、炎症のもとになります。また、汗をかいたりすると、何度もそのたびにシャンプーで頭を洗うと、脂分が抜けて、乾燥肌になりやすくなります。頭皮をシャンプーで洗うには適度な回数にすることが大切です。

 

B生活習慣の見直し
頭皮も、普通の肌の状態と同じように、規則正しい生活を送ったり、食生活を正しく行うことなどができないと、皮膚の状態が悪くなります。皮膚の細胞も常に新陳代謝して、新しい細胞と入れ替わりをして角質を維持していますので、再生能力を維持することが大切なのです。そのためには、偏った食事、肉食中心の食生活を改め、食物繊維やビタミン類を摂るようにしましょう。また、深夜まで起きていたりしないで、睡眠時間はしっかりとりましょう。

 

C保湿ケア
保湿を維持するには、シャンプー後のトリートメントやローションなどの保湿剤を使うことも有効な方法です。また、ドライヤーなどでの乾燥を必要以上に行わないようにすることも大切です。さらに、普段から保湿用の製品が売られていますので、上手に使いたいですね。例えば、頭皮が敏感な人向けに、「すこやか地肌」とよばれる製品が開発されています。保湿を維持するために、コラーゲンなどの天然成分が含まれていて、話題になっています。これにより、角質などの組織を整えて、頭皮のバリア機能を高めるのです。

 

このように、頭皮の乾燥はとっとしたなにげない日頃の行動が影響している可能性がありますが、その点をよく理解しておけば、生活習慣や頭皮のメンテナンスの見直しによって、ずいぶん改善することができますので、自分に当てはまることがあれば、工夫をしてみましょう。

 

 

頭皮の保湿剤おすすめ