頭皮のフケかゆみ原因と簡単な保湿乾燥対策

MENU

乾燥が原因のフケを簡単に治す方法

頭がかゆい、でもかくとフケがポロポロ・・・
服にもついてしまってかなり不潔な印象を与えてしまいます。
防ぎたいフケ、その原因をつきとめて健康な地肌を目指しましょう!

 

<フケの原因は乾燥?>

フケは乾性のフケと脂性のフケの2種類に分けられます。それぞれ治し方もちがってきますので、この見極めは重要です。脂性のフケは、マラセチアという菌が大量に発生してるのが原因です。感想が原因ではないので今回は割愛しますが、皮脂の過剰分泌を改善しないといけないタイプのフケです。
そして乾性フケは、その字の通り地肌が極度の乾燥状態にある場合に発生します。頭皮が乾燥して皮膚がめくれ剥がれた結果、頭皮が荒れて、かゆみが生まれます。
この乾燥は水分量の不足が招いた結果です。そして水分量の不足は、皮脂の不足が原因なのです。皮脂は肌の水分を蒸発しないようにする、いわば「ベール」のような役割をしています。なので、皮脂が少なるとそのベールもなくなり、水分がどんどん蒸発してなくなってしまうのです。
過度の皮脂は頭皮臭の原因にもなりますが、適度な皮脂は頭皮に残しておかなければいけません。要はバランスが大事と言うことですね!

 

<フケを防ごう!>

フケを出さないためには、やはり頭皮のダメージを少なくするのがいちばんです。カラーリングやパーマはかなり地肌を痛めますから、極力避けてください。
シャンプーなどもフケニよく効くお酢シャンプーを使うことをオススメします。お酢は殺菌効果のある酸性ですから、シャンプーで過度にアルカリ性になった地肌を中性にして健康的にしてくれます。
頭皮マッサージも効果的です。マッサージをすると血行がよくなって、はがれそうな古い頭皮にかわって下の新しい頭皮が育っていきます。

 

<出てしまったフケには・・・>

それでもフケが出やすい方には、「すこやか地肌」をおすすめします!
これは頭皮専用の美容液で、頭皮のあらゆるトラブルを解決へと導きます。それは天然由来のツバキオイル・ワサビオイル・アルガンオイルなどの成分が、保湿から殺菌まですべてをカバーしてくれるからです。
育毛剤のように頭皮につけて、軽くマッサージしてなじませるだけでかゆみやフケが軽減します。市販の頭皮ケアクリームやお医者さんから処方された薬は、わりとベタつきがちですが・・・すこやか地肌は全くベタベタしません。頭皮にさらっと使うことができます。
頭皮に悩みを抱えてる方は、ぜひ一度試してみてください!