頭皮のフケかゆみ原因と簡単な保湿乾燥対策

MENU

頭皮が赤い、かゆい場合の原因

頭皮がかゆい原因にはいろいろなことが考えられますが、特に皮膚が赤くなって、そのことが原因でかゆみを発症するようなケースがあります。頭皮があかくなるということは、頭皮の表面にある毛細血管が拡張して、頭皮近くの血管の下が透けて赤く見えているのです。このように、血管が拡張したり、頭皮が炎症をおこしている状態が赤身の原因なのです。ここでは、頭皮のかゆみの原因の中でも、特に皮膚が赤くなるような場合について、その原因について、整理して皆様にご紹介いたしましょう。

 

?頭皮の炎症
頭皮が赤いからといって、必ずかゆみを伴うわけではありませんが、かゆみを伴う場合は、頭皮が傷ついて炎症を起こしている場合があります。特に、頭皮がかゆいため、かゆみをとるために、爪を立てたりしてついつい髪の毛を強く、なんどもこすって洗いがちです。その結果、頭皮に傷がついて炎症をおこすのです。頭皮に傷がつくと、そこからばい菌が入って、微生物が繁殖してかゆみが増します。その結果、さらに頭皮をかいてしまい、さらに炎症が悪化してしまうのです。こういう場合は、頭皮を洗う際に必要以上に傷をつけないように、爪を立てないようにして指で柔らかく頭皮のマッサージをするようにして洗うことがポイントです。

 

A頭皮の乾燥
頭皮を適切にメンテナンスするには、よけいな汚れや皮脂を除くことが大切ですが、一方で、適度な脂分を維持して乾燥を防ぐことも大切なのです。夏場では特に汗を多くかくために、頭皮の毛穴がふさがれ、皮脂が頭皮に蓄積して、汗腺をふさいでしまったり、皮脂をもとにばい菌が増えてしまったり、皮脂が刺激となってかゆみになることがあります。また、逆に、頭皮を清潔にしようとするためにシャンプーを何度もしすぎている場合があります。つまり、シャンプーを使いすぎて、かみの毛から皮脂がなくなってしまい、頭皮全体が乾燥することから、皮膚のバリアがこわれてかゆみが起きるのです。シャンプーなどで洗った後は、脂分が不足しない程度に、トリートメントが必要です。

 

B紫外線
頭皮が赤くなることの理由の一つに紫外線による刺激があります。特に夏場に、直射日光を浴び続けたり、海水浴に出かけたりすると、紫外線の影響で頭皮が炎症を起こしやすくなります。炎症を起こすと、その部分にばい菌が付着して増殖したり、皮膚が障害を受けるためかゆみが発生することがあります。

 

夏場は頭皮にも汗をかいたりするため、頭皮を清潔にすることが大切ですし、皮膚の新陳代謝もおこなわれやすいことから、頭皮のメンテナンスには特に気を付ける必要があります。頭皮が赤くなりやすい方は、自分なりの原因を考えて、頭皮ケアすることが大切でね。