頭皮のフケかゆみ原因と簡単な保湿乾燥対策

MENU

頭皮の赤み、かゆみ止め簡単対策

 

頭皮がかゆい時に、鏡で確認すると頭皮が赤くなっていることはありませんか?頭皮に湿疹があったり、乾燥している時は、頭皮が赤くなっていることがあります。また、特に気になる症状が無くても赤くなっていることもあります。でも、頭皮が赤くなっている時は、何らかの皮膚のトラブルがある可能性がありますので、思い当たることが無いかどうか確認してみることが大切です。頭皮の炎症を正しく理解するために、どのような時に頭皮が赤くなる可能性があるのかをまとめてご紹介いたしましょう。

 

?皮脂の分泌
頭皮の角質などの機能が正常でなく、頭皮からの皮脂の分泌が多くなってしまうと、分泌された皮脂が毛穴につまってしまい、炎症を起こすため、頭皮が赤くなることがあります。また、皮脂が頭皮に付着した状態で、酸化されることでも、頭皮の炎症が加速してしまいます。また、逆にシャンプーなどで皮脂を徹底的に取り除いたりすると、皮脂が過剰分泌されることもしてきされていますので、皮脂の量を適切にコントロールすることが大切です。

 

A頭皮の日焼け 
郊外で日光をあびると、紫外線の影響を受けることになります。特に夏などは、強い光を浴びるため、紫外線を強く受けることになるのです。頭皮も皮膚の一種ですから、日焼けをして大きなダメージを受けることになります。頭皮は最も紫外線を受けやすい場所ですので、紫外線によって角質が壊され、炎症をおこします。炎症を起こすと、皮膚が弱くなり、乾燥肌などのトラブルを起こします。夏場は帽子をかぶるとか、直射日光をなるべく浴びないようにするなどの工夫がだいせつです。

 

Bパーマなどの影響
パーマをかけたり、髪の毛を染めるときには、薬剤が長い時間、髪の毛や、頭皮に影響を与えることがあります。特に皮膚が比較的弱い人では、使用することで皮膚が炎症を受けることがあります。また、シャンプーなどでも、過剰な使用は皮膚にダメージを与えることがあります。シャンプーをした後は、必ずしっかり水で洗い流すことが大切ですし、トリートメントなどで、肌や髪の毛の保護をしっかりすることが必要です。また、頭皮が敏感な体質の人向けの天然成分などを強化した美容液(たとえば「すこやか美肌」など)を利用してみることもおすすめです。

 

Cシャンプー方法
意外なことですが、シャンプーをする際に力が入りすぎて、自分で炎症を起こしていることがあります。特に爪をたてて洗っている場合は、やさしくシャンプーするくせをつけることが大切です。また、お湯を使うより、あまり温度の高くないお湯の方がダメージが低くなります。シャンプーでかぶれたり、刺激が強いようなら、洗浄力を少し弱いものにしてみることも必要でしょう。