頭皮のフケかゆみ原因と簡単な保湿乾燥対策

MENU

頭皮の炎症の原因ととめる方法 

頭皮のかゆみはいろいろな原因でおこりますが、頭皮が炎症をおこして赤くなったり、乾燥肌になって皮膚がカサカサしてフケの原因になったりします。ここでは、頭皮がどうして炎症を起こしやすくなるのかを整理して、代表的なものを紹介いたしますので、自分の症状の原因を考える上での参考にしてみてください。

 

?洗浄力の強いシャンプー

最も、ありがちな原因となっていますが、頭皮を清潔にしようと意識するあまり、自然に洗浄力の強いシャンプーを使っていることがあります。硫酸系の洗浄剤が良く使われていますが、高級アルコール系シャンプーは泡立ちが良くて安く作れるため、多くのシャンプーに使われているのです。シャンプーの裏面の成分欄に記載してある、ラウリル硫酸Naなどと記載してある成分です。このような成分が含まれているシャンプーは、洗浄力が強く、頭皮の油分を取り除くため、頭皮が乾燥しがちになったり、大事な角質が壊れてしまって、皮膚に大きなダメージを与えています。炎症が続いている場合にはシャンプーの量を減らしたり、弱い成分のものに変えることも有効です。

 

Aシャンプーの相性

洗浄力が弱いシャンプーでも、含まれる成分が、自分の肌に合っているかどうかはわかりません。肌との相性が悪いと、炎症を起こす可能性がありますので、新しいシャンプーを試すときには、頭皮が必要以上に乾燥しないか、炎症が発生していないか、赤みがないかなど、注意して観察する必要があります。よくわからなければ、頭皮のかゆみやフケなど、不快なことがあれば、使用を見送った方が良いでしょう。また、症状が悪い場合は、自分で判断せずに、専門の医院で診察を受けてみることも大切ですね。

 

B髪の毛の洗いかた

髪の毛を洗う際にシャンプーの選択は大切ですが、髪の毛の洗いかたも同じくらい大切です。頭皮の炎症を起こす、お勧めできない洗いかたを、いくつか挙げてみましたので、自分に合っていないかどうかチェックしてみてください。
1) 爪を立てるなどして、いつもゴシゴシ頭皮を洗う。
2) シャンプーを直接頭皮に付けて洗う。
3) 爪を立てないが、ゴシゴシ強く頭皮をマッサージする。
4) シャンプーを完全に洗い流すまで洗浄していない。
5) 2回以上シャンプーをする。
どうでしょうか?知らず知らずに行っていることがあれば、一つでもその項目を減らすようにしてみましょう。それによって症状が改善されるようであれば、髪の毛の洗いかたが原因になっていると考えてよいでしょう。

 

このように、頭皮の炎症はちょっとしたことで起こっている可能性がありますので、注意深く自分の炎症の理由を探ってみましょう。また、最近は、頭皮の敏感な人向けに、天然成分を配合した「すこやか地肌」などの製品が開発されていますので、このような商品を試してみることもおすすめです。