頭皮のフケかゆみ原因と簡単な保湿乾燥対策

MENU

フケを減らす方法・予防と対策

フケはとても目立ちますし、清潔感がないため、だれでもとても気になりますね。ですから、フケについては誰しも予防したいと思っているはずですが、でも、フケはどうして生じるのか?自分はどのような理由でフケが多いのかを理解できていないと、なかなか効果的に予防できません。通常のフケ症であれば、毎日頭皮を清潔にしていれば、フケが目立つことはほとんどありません。しかし、しつこいフケ症は原因や対処法を正しく理解することがとても大切なのです。

 

?フケ症のタイプ
意外に知られていない事ですが、フケ症といっても、大きく分けて乾燥することが原因で生じる乾燥肌からのフケ症と、油分が多くて生じるフケ症があるのです。乾燥タイプのフケ症は、フケを止めようとして、しつこくシャンプーを使って何度も頭皮を洗ったり、爪をたててごしごし洗ったり、強く頭皮をこすりつけて洗うことで、乾燥肌になったり、肌に炎症が起こったりして、パラパラと乾燥したフケがでるのです。

 

A乾燥したフケ
乾燥したタイプのフケ症の場合は、実際には強く皮膚をかいたり、マッサージをすることでフケ症になっている可能性が高いため、髪の毛の手入れを過剰にしないようにしたり、髪の毛を洗った後にはトリートメントをしっかりするなどの手入れをすることで、フケが止まる可能性が高いのです。フケ症を気にすることが自分のフケの発生を高めていることを理解することが大切です。

 

B脂症のフケ
脂症のフケは、頭皮に皮脂が多量に蓄積して、頭を掻くと爪の中にフケが溜まるような場合です。多くのフケ症の場合は、こちらのタイプが該当するといわれています。こちらのタイプの場合は、フケはべたべたしていますので、不快感があります。頭に汗をかきやすい人や、脂っぽい食事を好む人では、頭皮への脂分の分泌が高まりますし、体質によっても、脂分の量が多い人もいます。

 

C脂性のフケケア
脂性の場合のフケは、頭皮の汚れをよく取り除く必要がありますし、またその予防も大切です。体質によっても対処法が違いますので、自分に合った方法を見つけることが大切です。一番簡単で大事な点は、シャンプーの選択です。シャンプーには、ラウレス硫酸ナトリウム、保湿剤、増泡剤など様々な成分を含んでいますので、人に応じて皮膚への相性が違いますので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

?すこやか地肌
最近、頭皮が敏感な体質の人向けの美容液として「すこやか美肌」が注目されています。すこやか美肌には、ヒアルロン酸、コラーゲン、いくつかのエキスなどを含んでいます。そのため、乾燥した肌に潤いを与え、皮膚のバリアを作るとされています。

 

最近は薬用シャンプーなど、さまざまなものが発売されていますので、自分に最も適したものを選んで、効果が得られるものを探すことも大切ですね。