MENU

頭皮のニキビが出来る原因

人間は、肌荒れとかニキビなどを作らないため、顔のケアには気を使っています。
頭皮は顔の延長で同じ皮膚なため、本来は顔と同じケアを必要としますが、髪型のスタイルとか、せいぜいシャンプーやリンス位のケアになっています。
頭皮は顔に比べ毛穴が多く密集しているため、皮脂の分泌も合わせて多くなっています。
その様な事から頭皮は、顔や身体よりもニキビの出来やすい環境になっているのです。
頭皮は顔と同じに紫外線やストレスなどの影響を受けやすい処です。
顔がべたつくとか、テカテカしてる脂性の人は、頭皮には顔以上に皮脂が出ています。
洗顔をするように頭皮にも清潔に保つケアが必要になります。
頭皮の汚れはアクネ菌と言う雑菌も増殖し、嫌な臭いを発したりふけやかぶれの原因にもなっています。
皮脂は皮脂膜を作り、様々な雑菌や頭皮の攻撃を守る働きをしていますが、頭皮の汚れや体調などによって過剰に分泌したり、少なすぎたりコントロールを失います。
頭皮は顔や肌と同じ様に、デリケートに出来ていることを知らねばなりません。

 

紫外線
頭皮や肌の一番の大敵は太陽光に含まれる紫外線です。
紫外線は皮脂膜の働きを弱め、肌の保湿などを奪い、老化を促進し肌荒れなどを起こします。更に紫外線は活性酸素を発生させ、皮脂を酸化させかぶれやニキビ、ふけなどの原因になります。
ニキビは頭皮や顔にかかわらず、皮脂が酸化し毛穴を詰まらせ、炎症を起こすことによって出来るものです。
頭皮のニキビも顔などに出来るニキビも大方の人は顔のケアと頭皮のケアに差が有り、頭皮のニキビが作られやすくなっています。
ストレス
ストレスもニキビを作る原因になっています。
ストレスは、ホルモンバランスを乱し、血流を悪くして肌のサイクルを乱します。
男性ホルモンの分泌を過剰に促し、皮脂の分泌も過剰にします。
皮脂の過剰分泌が頭皮にも影響し、ニキビが作られやすい状況になるのです。
ストレスは頭皮の皮脂分泌に限らず、肌荒れや肌のニキビも作りやすくすることから注意しなければなりません。
睡眠不足
睡眠不足も良くありません。
睡眠中は成長ホルモンの分泌によって、身体の新陳代謝を行い、疲れを取ったり、休ませたりしています。
それが不足すると、成長ホルモンが過剰に分泌され、皮脂の過剰分泌も起こし皮脂の酸化も促しニキビや吹き出物などやかぶれを起こします。
頭皮は髪が保護してるため体温が身体の中では高めになっています。

その為、常に清潔を保たなければニキビを作る環境が整っています。
頭皮のニキビがジュクジュクして治りにくいのもそのためです。
ニキビは髪に隠れて出来る事から気づきにくく、ちょっとの痒みで掻いてしまいます。
軽く掻くのが良いのですが、気づかず爪を立てて掻いたら大変で悪化の原因に成ってしまいます。
まとめ
頭皮のニキビは、頭頂部から出来やすくなっていて、それは皮脂の分泌が頭皮の中の頭頂部が盛んな事からの理由によるものです。
脂性の人は頭皮の、特に頭頂部を触ったり気を付けることが肝心です。
食事は脂っぽい物を極力避けることがニキビを作りにくくします、とは言っても人間の身体は脂っぽい物も必要とします、バランスの取れた食事や食品の摂取が必要です。糖分や辛い香辛料も汗腺を広げ皮脂の分泌を促すことに成ります。
洗髪は髪の毛と頭皮の汚れをしっかりおとす事が必要です。手の指の腹でこする様な洗い方では無く、優しく洗い流すことが必要です。界面活性剤や強い洗浄のシャンプーやリンスを使い続けると、ウイルスや菌などの悪影響を受けやすくなり、ニキビが出来る原因となります。身体に合ったシャンプーやリンスを使うこともニキビの出来にくい頭皮になることに成ります。いずれにしてもニキビは紫外線と生活習慣と密接に関わりが有ります。常に清潔にし紫外線対策や食事ストレス、睡眠不足などを気を付けなければ成りません。
ニキビが悪化すると肌の老化などの弊害を起こします。
ニキビの出来にくい生活が必要になります。